痩せて魅せるバストケア

理想のバストを手に入れたい女性のためのバストケア情報をお届けします。痩せて見せるから痩せて魅せるへ。バストアップしたい女性だけでなく美しいバストを望む全ての女性に。

記事一覧

バストケアに使う商品の成分には気を付けましょう - 自然な成分でバストケア

010
バストをケアするためには、自分の理想のバストをかなえてくれる商品をちゃんと選んで購入しましょう。

クリームやジェルでも、バストの張りを出してくれる商品には、1番に目がいってしまいます。

医療用に使われている浸透性の高い技術でクリームをつくられているものは、内側から張りを出していってくれると思いますので、クリームがどれくらい働きかけてくれるかがポイントです。

最近は「ワイルドヤム」という成分が多く入っているものだと、女性ホルモンの働きに似た効果をもっていると言われていますので、期待がもてます。

塗っているだけで、肌の色艶がよくなってくれると、密かに自信に繋がりますので、重視したいですね。

-> 濃厚バストクリームで「ぷるぷる」バストを目指してみませんか?

女性のためのハーブとして人気がある「ブラックコホシュ」は女性ホルモンのバランスを整える作用をもっていて、美肌効果も高いということですので、肌艶に効果があると思います。

バストクリームと言えば「プエラリア」をすぐに思い浮かべてしまいます。

プエラリアをウィキペディアで調べてみると、

プエラリア(学名:Pueraria mirifica)は、タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物。赤いグワオーデン、黒いグワオーダム、白いグアオークルアの3種類が有る。 塊根に含まれる成分はショ糖 (砂糖)・食物繊維が大部分だが、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれており、含有量は大豆のほぼ40倍にも達する。

とあります。

一方で、プエラリアを服用すると副作用があるという話もあったりします。

なので、どのような成分が配合されているのか、なぜその成分が有効なのかを確認することが重要です。

毎日ケアをして肌がぷるぷるしていて、触って気持ちがいいくらい若さを取り戻したバストになりましょう。

マッサージを毎日行えば、バストをゆっくりふくよかにさせていくことが出来ますよ。

ただし注意も必要。バストはデリケートな部分ですので、肌の調子を確認しながら使って下さい。



バストアップエステを受ける

エステでバストアップの施術を受ける

自分の力だけでは思うようにバストアップできない・・・と悩んでいる人も多いかと思います。

毎日バストアップマッサージをしているけれど思ったような効果が現れないなど、個人で行なうバストアップ方法だけでは成功できない、と感じている場合は、ぜひ「バストアップエステ」を受けてみてください。

各エステサロンでは様々なコースがありますが、バストアップを目的としたメニューを受けることができるコースを設けているサロンも多く見られています。

ボディメイクなどをメインに行なっている場合はバストアップだけではなく、ウエストの引き締めや二の腕の引き締めなども行なってもらえるので、バスト以外に悩みを抱えている場合は気軽にスタッフに相談してみると良いでしょう。

では、バストアップエステでは主にどのような施術が行なわれているのでしょうか?

多くのエステで行なわれているバストケアとしては、まずバストアップマッサージ、バスト全体のトリートメントなどを受けることができます。

バストアップマッサージは自宅で行なう場合は自分自身の手によって行なうことになりますが、バストアップエステの場合はプロの手によってマッサージを受けることができます。

やはりプロの手によるマッサージは効果が大きいため、自宅で行なっていたバストアップマッサージよりも高いバストアップ効果が得られた、という人も多く、エステに通っていくことでバストアップに成功したという利用者もたくさんいるようですよ。

光豊胸によるバストアップ

バストアップを考える場合、大きく3つの方法があります。

ひとつは自宅で自分でマッサージや食生活を改善することでバストアップを目指す方法です。

そして、一番効果があるのは、医療機関で豊胸手術を受けることです。

医療機関での豊胸手術は、脂肪細胞を乳房に入れるケースと、人口の乳腺バッグを入れる方法があります。

ただ、最近は切らないということで、ヒアルロン酸を注入することも出来るようです。

ヒアルロン酸の注入で一回15万円程度、乳腺バッグを入れる場合で25万円から50万円程度掛かるようです。

三つ目の方法がエステで豊胸の施術を行うものです。

エステサロンでのバストアップの施術は、基本はマッサージやトリートメントです。

そしてエステサロンで行われる豊胸施術として、光豊胸というものがあります。

これは、手術ではなく光をバストに照射することで女性ホルモンの分泌を促してバストアップさせるというものです。

光豊胸では、10回を1セットとして、施術して、だいたい1カップから2カップのバストアップが期待できるようです。

だいたい、1回あたり1万5千円程度かかるので10回で15万円で施術してもらうのが一般的なようです。

光による豊胸は手術と違って痛みがない代わりに効果はが現れるのにやや時間がかかることが特徴です。

また、妊娠中や授乳中の方にはオススメできません。

しかし、ある意味手軽に受けられるので、なかなか自分ではバストアップの効果が出ないという方で、豊胸手術まではしたくないという場合には検討する価値があると思います。

バストアップエクササイズ - バストを大きくしたいなら努力が必要

001

日本人の大多数はAカップ以下と言われています。

バストの大きさで悩んでいる人も多いでしょう。

何とかしてバストサイズを大きくしたいと思いませんか?

実はすでにこのブログでもバストを大きくするためには大胸筋を鍛えると効果があることをお伝えしています。

バストを大きくしたい

バストを大きくするにはバストをつっている筋肉のトレーニング、簡単なバストアップマッサージ、恋をして女性ホルモンを活発にすることが何より大切です。

それではさっそくやってみましょう!

まず胸をつっている筋肉ですが、年齢を重ねるごとに弱くなっていきます。

そこでお風呂に入っているときに、バストアップトレーニングをしましょう。

まず、両手のひらを、胸の前で合わせます。

その状態で、手のひらに力を入れて下さい。

強く押し合う感じです。

鎖骨の下にある、胸をつっている筋肉が動いていることを確認しながら、ゆっくり10回ずつ3セット行います。

つりがね式のきれいな胸を持つひとが多い黒人は、筋肉が他の人種よりも発達していると言われています。

筋肉は何もしないと衰えていきますのでトレーニングをしましょう。

筋肉トレーニングをしたら、バストアップクリームなど、バストを美しく綺麗に保つクリームなどを使用し、マッサージを行います。

バストアップクリームの購入なら下記をクリック
満足度97%!バストクリーム「クレセール」

バストの下から持ち上げるようにマッサージをします。

こちらも形を整えるように3往復します。

デコルテからわきのしたにかけてマッサージをします。

リンパ液を流すように3往復したら終了です。

肌がきれいになったり、つやを増したり、身体をふっくらさせるのは女性ホルモンの効果です。

これは活用しない手はありません。

「愛されている」と実感することで、女性ホルモンの分泌が増えます。

なので恋をすることでどんどん綺麗になりましょう。

バストを大きく美しく

女性らしい豊かなバストは、すべての女性の憧れです。

そんな憧れに少しでも近づくためには、やはり努力が必要です。

大きさだけでなく、美しい形も同様です。

一番気をつけなくてはならないことは、今の若い女性の理想の体系は、ほぼ「痩せすぎ」の域にあるという事実です。

ぽっちゃりさんが好まれた時代は昔になり、テレビでも雑誌でも痩せた女性たちが活躍しています。

でも、それでも彼女たちがキレイなバストを保っているのは、彼女たちが特別だからです。

普通の人は、痩せすぎてしまうとその分ちゃんとバストもしぼみます。

それは胸が主に脂肪分でできているので、仕方のないことなのです。

太れとはいいません。でも、必要以上のダイエットはよしましょう。

また胸筋を鍛えると、バストの「たれ」を防止できます。

上に書いた、両方の手のひらを胸の前で合わせて、手のひらに力を入れて押すだけという全く道具を使わない簡単な方法でも効果があります。

胸筋を鍛え、キレイなバストを維持するためにも、毎日お風呂に入った際に実践してみてください。

食べ物にも気を使いましょう。

おすすめは、乳製品です。

牛乳、チーズなど乳製品は、バストの発達に良い栄養になります。

おいしくいただき、キレイになりましょう。

胸はある日突然大きくなってくれるわけでも、キュッと上がってくれるわけでもありません。

日々の小さな努力で、一生懸命その大きさや美しさを維持していくのです。

やはり努力が大切です。

簡単なバストアップエクササイズ

気が付いたらバストが小さくなってしまった、と言う話はよく聞きますよね。

油断していると、バストはすぐに落ちてしまいます。

加齢とともに、バストは落ちていってしまうものです。

これは避けられません。

しかし、バストを支えている胸の筋肉を鍛えることで、引き上げることができます!

もう一つ簡単なエクササイズをお伝えしておきましょう。

手を上下に組み、ひじから真横にグーッと引っ張ります。

そのまま10秒ほどキープし、ふっと力を抜きます。

次に手を合わせ、ひじから真横にグーッと押し付けます。

そのまま10秒ほどキープし、ふっと力を抜きます。

10回1セットで1日2回行いましょう。

運動不足の方は特に、筋肉が無いので、バストのカップが落ちやすいので、普段から運動するようにしましょう。

さらにエクササイズではないですが、垂れたバストをアップさせる方法があります。

ワイヤー入りのしっかり支えるブラジャーを用意します。

サイズがかなり変わっていると思うので、できれば計測しなおし、新しいものを新調しましょう。

ブラジャーをするときに、前後左右からバストを寄せて、形よくブラジャーのカップ内に収めます。

そして、就寝時もずっとつけたまま寝ます。

窮屈で寝苦しいときは少し大きめのものでもいいので、必ずつけるようにしましょう。

バストを正しい定位置に固定しておくことが大切です。

日常生活の中ではできるだけ姿勢を正し、胸を張ることを心がけてください。



バストアップで美乳になる

  • 投稿 2014/10/05 
  • 美乳

美乳と一言で言ってもイメージするバストは人によって異なることでしょう。

年齢と共にバストは垂れ下がってきたり、肌自体の衰えも感じるようになります。

また、出産を経験すると更にバストの変化にショックを受ける方も多いでしょう。

しかし、大きさや形は勿論ですが、バスト周りの肌がカサカサでは全く意味がありません。

大切なのは保湿ケアです。

お風呂にゆっくり入って、その後保湿効果のあるクリームなどを塗ると効果が現れやすくなります。

保湿剤を持っていても、手足や顔にしか使わないという方も多いのではないでしょうか?

ボディクリームなどをバストにもしっかり吸収させ、しっとりとした肌を作りましょう。

クリームの香りも自分の好きな香りのもの使用すると、リラクゼーション効果にも繋がります。

また、女性として華やかな素敵な香りがするのは、魅力的に感じるはずです。

そして、美しいバストとはハリのあるイメージがあるのではないでしょうか?

プルン!と上向きのバストが理想的ですよね。

そのためにはお風呂に入ったときなどに、バストをマッサージし、胸部の筋力を上げることを目指しましょう。

方法は簡単です。

とにかくバスト周りの肉を下から上!横から上!と持っていきたい方向に促していくのです。

更に、その際にバストにハリや潤いの効果を与えるマッサージオイルなどを使うと良いでしょう。

いつまでも美しいバストを目指していきましょう!