バストケアクリームの基本的な使い方を紹介します。

 

クリームをバスト全体に塗り広げます。

 

手のひらで外側から内側へ軽い力でバストを寄せ、

バスト下を支えるように軽く上に持ち上げます。

 

このとき、手の形はバストを包むような手ブラカップがよいです。

 

「寄せて上げる」をイメージして行うとよいです。

 

クリームが肌に馴染み、塗ったときより滑りが少なくなったら止めましょう。

 

塗るだけでなく、マッサージをすると効果的ですが、

体が温まった状態で使うと更に効果があがります。

 

クリームを塗るときやマッサージをするときに、

バストを押すように力を入れるとハリがある胸元を緩ませることになりますので

注意しましょう。

 

お肌に直接使用するものですので、いくらよい品であっても、

自分のお肌合わないのは使えません。

 

購入時はよく吟味するようにしましょう。

 

塗るときの伸びがよく、力を入れないでサッと塗れるものがよいです。

 

硬いクリームでは、塗るときにバストを押すことになり、

ハリを求めた胸元を緩ませることになりかねません。

 

また、塗ったときのベトつき感も様々ですので、

できれば試供品などで確認してみるとよいです。

 

メーカーから出されているクリームのほとんどが、

ローズなどのお花の香りがしますので、

匂いが気になる方はよくチェックしましょう。

 

クリームでのバストケアは、胸の肌のハリとツヤ、潤いなどがアップしますよ。

 

週に2~3回の使用で大丈夫です。