2014年09月の記事一覧

理想のバストを手に入れたい女性のためのバストケア情報をお届けします。痩せて見せるから痩せて魅せるへ。バストアップしたい女性だけでなく美しいバストを望む全ての女性に。

月別:2014年09月

美しいバストラインを保つにはブラジャー選びが重要

バストアップ・バストケアには身に付ける下着にも気をつけたいものです。

今回はそんなバストケアのための下着の注意点についてまとめてみました。

下着を正しくつけてバストラインを保つ

美しいバストラインは女性の憧れですよね。

でも、年齢と共に崩れてきますから保つのは難しいです。

では、そんな崩れやすいバストラインを維持するために気をつけた方が良いのはどんなことでしょうか?

それは正しい下着をつけるということです。

ブラジャーなど下着を正しくつけましょう。

バストの肉は柔らかくて逃げやすいですし、バストを支えるクーパー靭帯は一度切れると再生しません。

そこで下着を正しくつけてバストを守る必要があります。

スポーツをする時には激しい揺れを防ぐためにもブラジャーは必要です。

今はスポーツブラもありますから、それらを上手に利用して必要以上の揺れを防ぎましょう。

また脇や下に逃げていく肉をブラジャーのカップに入れるように心がけることで、バストを保つことができます。

クーパー靭帯はバストの上側にあります。

クーパー靭帯が切れると再生せず、バストは下垂していきます。

そこでバストラインを美しく保つことが出来るように、クーパー靭帯を意識しておきましょう。

クーパー靭帯はあまりに挙げしい運動を行うと切れることもあります。

そこで運動をするときには運動に適したスポーツブラを装着するのがおすすめです。

さらに、バスト全体の重みを皮膚が支えています。

バストラインを保つにも張りのある皮膚を保つことが必要です。

そこで専用クリームを使ってケアしておきましょう。

女性はバストとの付き合いが長いですから、年齢や場面によっては扱いが雑になったりします。

後悔しないように、できる範囲でお手入れしておきましょう。

また、乳がんなど病気に対する意識を持つのも大切です。

自分の体ですから、自分で大事にするようにしましょう。

そのブラジャーで大丈夫?

正しいブラジャーを選んでつければバストアップにつながります。

でもブラジャーって必要だけど選び方が難しいですよね。

試着も面倒なので一度買うと同じサイズを何年も買い続けていたりしませんか。

あなたも想像している通り体型も変わればブラジャーのサイズも変わるし、年齢と共に変わってくる部分もあります。

ですからまずはサイズを測ってみましょう。

自分でで測りにくいという時は下着ショップに行って測ってもらいましょう。

正確なサイズが分かれば下着選びも楽ですよ。

正確に測るには裸になって測ります。

上半身を90度に倒し、おじぎをするような状態で測ります。

ただブラジャーのサイズって五センチ刻みになっていますから、自分にあったちょうど良いサイズを探すのは難しいですよね。

そこでここではそんな時のサイズ選びのコツをお伝えしましょう。

アンダーは、きつ過ぎると健康上よくありません。

だからといって、ゆる過ぎるのも問題です。

バストは柔らかい肉で出来ていますから、ゆる過ぎるとアンダーから肉が逃げてしまいます。

背中側のベルトの伸縮性が良いものを選んだり、少しサイズを足せるグッズなどで対応しましょう。

同じアンダーの伸縮でも、カップ側が伸縮しカップが潰れるタイプは、バストを潰してしまいます。

バストケアのためにはそういうブラジャーは選ばないように注意しましょう。

サイズが同じでもブラジャーによって多少大きさが異なります。

そこでブラジャーを購入する時には必ず試着をしましょう。

サイズの合っていないブラジャーは損だけでなくバストケアには大敵です。

必ず自分に合ったブラジャーを使いましょう。

あなたの悩みを着るだけで解決したい場合は下記をチェック
-> 着けるだけで大きく形がキレイViageビューティアップナイトブラ

バストアップブラジャーを選ぶ

バストアップブラジャーは、常に肌身離さず身に付けているものです。

胸を大きく見せたり胸を綺麗に見せたりする為には非常に効果的なアイテムです。

常に着用しているものだからこそ優良な商品を選びたいですよね。

しかも、絶対に失敗はしたくないというのが多くの女性の意見でしょう。

胸の健康という観点からはブラジャーの重さはバストアップブラジャーに限らず非常に重要なことです。

当然、軽いほうが肩や胸への負担が少ないわけです。

反対に、重めのブラジャーを一日中付けていると肩こりの原因にもなります。

肩こりは肩や胸のあたりの血流も悪い状態なので、バストケアには良くありません。

また、せっかく摂った胸に良い栄養素が胸にいきわたりにくくなり、結果としてバストケアを妨げてしまいます。

肩や胸への負担は軽くした方が良いので、バストアップブラジャーの紐の有無などもチェックすると良いでしょう。

ブラジャーの紐は肩を引っ張る形になるので、わざわざ紐をつけている理由があるのであれば別ですが、紐が無いほうが楽なはずです。

せっかくバストアップのために高いお金を出して購入しても使用しなくては意味がありません。

ですので、自分にあったバストアップブラジャーを選んで下さい。



胸を鍛えてバストアップ - バストアップのストレッチやエクササイズも

バストアップには胸を鍛えることが有効です。

今回は簡単な胸の筋肉のトレーニングやエクササイズそしてストレッチについてまとめてみました。

胸を鍛えてバストアップ

胸の筋肉を鍛えることでバストアップになります。

簡単な胸の筋肉の鍛え方をお伝えしましょう。

まず姿勢良く立ち、両腕を脇よりちょっと上に上げます。

この時、手のひらは手首と直角(またはそれ以上)に、腕は耳より後ろにします。

腕の高さをキープしたままサッカーボールくらいの円を描きます。これを右回りと左回りで30回ずつやります。

回していると、どうしても腕が下がってきたり、耳より前にきてしまいがちです。

意識をして腕の位置をキープすることが胸筋を鍛えるコツです。

速く回すより、腕の位置を気にしながらゆっくり回しましょう。

じっくりと内部の筋肉をつけているような感じです。

女性は自然な上向き美バストになると思います。

テレビを見ながらでも出来ますよ。

大人になって成長期が終わったからと言って、バストアップをあきらめる必要はありません。

お風呂のなかで、お風呂上がりに、ボディクリームなどをつけて行うと効果的です。

体が温まって、血行がよくなっている時にデコルテと一緒にマッサージすればアンチエイジングにもなりますよ。

脇下あたりからぜい肉を持ってくる感じで、内側に寄せてきます。

その流れでぐるっと一周バストをマッサージします。

左右各20回位行うと効果的です。

できるのであれば、何度でも行いましょう。

回数が多ければ多いほど効果的です。

ぜい肉は、「移動する」ことができると言われています。

背中やお腹の余分なぜい肉を無くすとともに、バストに「移動」させて、バストアップを目指しましょう。

バストアップのストレッチ

次に紹介するのはバストアップのストレッチです。

あなたは疲れてくると背中が丸くなり肩が前に来ていませんか?

すると胸は縮こまり呼吸は浅く余計に疲れてしまいます。

そのままでは胸だって垂れ下がってしまいます。

そこで胸をストレッチすることで、深い呼吸ができるようになり、リフレッシュすることができます。

まずは後ろで手を組みます。

この時極力肘は伸ばして下さい。

組んだ手を上に上げてバストアップをイメージしながら胸を斜め上に突き出すようにします。

目線は少し斜め上をみていきましょう。

痛すぎるところまで上げる必要はないですよ。

イタ気持ちいいな、と思うところで止めましょう。

この胸のストレッチで縮こまった胸が広がって気持ちよく深い呼吸ができます。

ですのでリフレッシュにも最適です。

お風呂に入った時にやると良いストレッチがあります。

お風呂の中でもバストアップを目指しましょう。

そうすれば血行がよくなり、代謝があがります。

同時に身体全体も引き締まりますので、ダイエット中にももちろんおすすめです。

まずはシャワーを出します。

バストに少し刺激を与えるようにするため、程よく強めの水流でお湯を出します。

バストの下からお湯をあてていき、ゆっくりと上に移動させます。

シャワーをあてる場所は、バストの下から上、外側から内側へ動かします。

左右交互に繰り返し行なってください。

そしてタオルをお湯につけ、固く絞ります。

それをバストの下から上、外側から内側へあて、ゆっくり移動させます。

左右交互に繰り返し行なってください。

これで完了です。

如何でしたか?

簡単でしょう。

こんな簡単なストレッチでもバストアップが目指せますよ。

どこでもバストアップエクササイズ

女性にとって、垂れていない綺麗なバストは、憧れですよね。

そこでここでは、道具も必要なく簡単にできて効果を実感できるバストアップのエクササイズを紹介します。

まずはひじを90度に曲げて両ひじと手と手の平を合わせます。肩とひじの高さが同じようになるようにしてください。

この状態をSTEP1としましょう。

息を吸いながら、反動をつけずにゆっくりと、腕を上にもちあげてください。

合わせた手のひらと、ひじが離れないようにしてください。

胸の上の筋肉が使われているのを意識しながら行って下さい。

次に息を吐きながら、ゆっくりと腕を下ろして、STEP1にもどってください。

この動きを15回を1セットとし、1日2~3セットおこなっています。

このエクササイズは胸の筋肉のアップを促します。

そしてその結果バストアップになります。

バストアップにはクリームを使って行うと効果的ですよ。

浸透しやすいクリームであると効果が早いです。

成分が浸透しやすいお風呂上りに、胸をつぶさない程度の力でマッサージするのがポイントです。

外側から円を描くように上方へマッサージするのが基本です。

また、ブラジャーのパットは胸をつぶしてしまう可能性があるので、入れない方が良いみたいです。

パットを入れなくてもバストアップしていれば十分ボリュームは出ますから。

まずはバストアップ出来るようにストレッチやマッサージ、クリームでのケアを行いましょう。

毎日継続して行えばきっと成果は付いてきますよ。諦めずに続けましょうね。