バストアップ・バストケアには身に付ける下着にも気をつけたいものです。

今回はそんなバストケアのための下着の注意点についてまとめてみました。

下着を正しくつけてバストラインを保つ

美しいバストラインは女性の憧れですよね。

でも、年齢と共に崩れてきますから保つのは難しいです。

では、そんな崩れやすいバストラインを維持するために気をつけた方が良いのはどんなことでしょうか?

それは正しい下着をつけるということです。

ブラジャーなど下着を正しくつけましょう。

バストの肉は柔らかくて逃げやすいですし、バストを支えるクーパー靭帯は一度切れると再生しません。

そこで下着を正しくつけてバストを守る必要があります。

スポーツをする時には激しい揺れを防ぐためにもブラジャーは必要です。

今はスポーツブラもありますから、それらを上手に利用して必要以上の揺れを防ぎましょう。

また脇や下に逃げていく肉をブラジャーのカップに入れるように心がけることで、バストを保つことができます。

クーパー靭帯はバストの上側にあります。

クーパー靭帯が切れると再生せず、バストは下垂していきます。

そこでバストラインを美しく保つことが出来るように、クーパー靭帯を意識しておきましょう。

クーパー靭帯はあまりに挙げしい運動を行うと切れることもあります。

そこで運動をするときには運動に適したスポーツブラを装着するのがおすすめです。

さらに、バスト全体の重みを皮膚が支えています。

バストラインを保つにも張りのある皮膚を保つことが必要です。

そこで専用クリームを使ってケアしておきましょう。

女性はバストとの付き合いが長いですから、年齢や場面によっては扱いが雑になったりします。

後悔しないように、できる範囲でお手入れしておきましょう。

また、乳がんなど病気に対する意識を持つのも大切です。

自分の体ですから、自分で大事にするようにしましょう。

そのブラジャーで大丈夫?

正しいブラジャーを選んでつければバストアップにつながります。

でもブラジャーって必要だけど選び方が難しいですよね。

試着も面倒なので一度買うと同じサイズを何年も買い続けていたりしませんか。

あなたも想像している通り体型も変わればブラジャーのサイズも変わるし、年齢と共に変わってくる部分もあります。

ですからまずはサイズを測ってみましょう。

自分でで測りにくいという時は下着ショップに行って測ってもらいましょう。

正確なサイズが分かれば下着選びも楽ですよ。

正確に測るには裸になって測ります。

上半身を90度に倒し、おじぎをするような状態で測ります。

ただブラジャーのサイズって五センチ刻みになっていますから、自分にあったちょうど良いサイズを探すのは難しいですよね。

そこでここではそんな時のサイズ選びのコツをお伝えしましょう。

アンダーは、きつ過ぎると健康上よくありません。

だからといって、ゆる過ぎるのも問題です。

バストは柔らかい肉で出来ていますから、ゆる過ぎるとアンダーから肉が逃げてしまいます。

背中側のベルトの伸縮性が良いものを選んだり、少しサイズを足せるグッズなどで対応しましょう。

同じアンダーの伸縮でも、カップ側が伸縮しカップが潰れるタイプは、バストを潰してしまいます。

バストケアのためにはそういうブラジャーは選ばないように注意しましょう。

サイズが同じでもブラジャーによって多少大きさが異なります。

そこでブラジャーを購入する時には必ず試着をしましょう。

サイズの合っていないブラジャーは損だけでなくバストケアには大敵です。

必ず自分に合ったブラジャーを使いましょう。

あなたの悩みを着るだけで解決したい場合は下記をチェック
-> 着けるだけで大きく形がキレイViageビューティアップナイトブラ

バストアップブラジャーを選ぶ

バストアップブラジャーは、常に肌身離さず身に付けているものです。

胸を大きく見せたり胸を綺麗に見せたりする為には非常に効果的なアイテムです。

常に着用しているものだからこそ優良な商品を選びたいですよね。

しかも、絶対に失敗はしたくないというのが多くの女性の意見でしょう。

胸の健康という観点からはブラジャーの重さはバストアップブラジャーに限らず非常に重要なことです。

当然、軽いほうが肩や胸への負担が少ないわけです。

反対に、重めのブラジャーを一日中付けていると肩こりの原因にもなります。

肩こりは肩や胸のあたりの血流も悪い状態なので、バストケアには良くありません。

また、せっかく摂った胸に良い栄養素が胸にいきわたりにくくなり、結果としてバストケアを妨げてしまいます。

肩や胸への負担は軽くした方が良いので、バストアップブラジャーの紐の有無などもチェックすると良いでしょう。

ブラジャーの紐は肩を引っ張る形になるので、わざわざ紐をつけている理由があるのであれば別ですが、紐が無いほうが楽なはずです。

せっかくバストアップのために高いお金を出して購入しても使用しなくては意味がありません。

ですので、自分にあったバストアップブラジャーを選んで下さい。