成長期の時期は女性ホルモンの分泌が促進されることから

バストが大きく成長していきますが、

成長期を過ぎても女性ホルモンの働きを活性化していくことは可能です。

 

ただ年齢と共に女性ホルモンの働きは低下していくので、

意識的に女性ホルモンの分泌力を高めていくことが必要となります。

 

そこでおすすめなのが「大豆イソフラボン」という成分が含まれている食材を食べることやサプリメントの摂取です。

 

大豆イソフラボンには、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と

よく似ている働きがあることから、

大豆イソフラボンが含まれている食材を食べることで

女性ホルモンが活性化された状態を作ることができるとされています。

 

女性ホルモンの働きが低下してきている場合は、

大豆イソフラボンを意識的に摂ることでバストアップに繋げていくことができるというわけですね。

 

大豆イソフラボンは豆腐や納豆などの大豆食品に含まれているので、

毎日の食事に大豆食品を取り入れてみるようにしましょう。

 

美容に効果的な豆乳にも大豆イソフラボンは含まれていますので、

より女性らしさを目指したい皆さんは豆乳を料理に使ってみることもおすすめです。

 

また、女性ホルモンの活性化は直接乳腺に刺激を与えることでも可能なので、

マッサージやツボ押しなどを積極的に生活に取り入れてみると良いでしょう。

 

成長期にはハリのあったバストも、年齢を重ねるごとに徐々に垂れ始めていきます。

 

バストが垂れることを防ぐためにも、マッサージやツボ押しを行なって

バストにハリを取り戻し、若々しいバストを保っていきましょう。